トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

《入院12日目-腎臓検査結果-》10月30日(火)晴れ

子供の英語教室のハロウィンパーティー
夕方からは 主人の母に病院へ行ってもらうことに

とてもいいお天気なので 掃除と洗濯を済ませ、お布団も干して
昼食の時間に間に合うように 病院へ

今回の脳出血の原因が 高血圧であること

その高血圧の原因が 他の臓器にあるかもしれないと 検査検査の毎日です

若いころから 高血圧の方!一度 腎臓の検査も 考えてください
主人のように 倒れる前に・・・

---------

《入院日12目-腎臓検査結果-》10月30日(火)晴れ

血糖値 118 (18:00)

11:40 病院着 主人のもとへ行くと 「携帯の電池が切れたぁ~」「おなかの調子が悪いよぉ~(下痢ちゃん)」と ご機嫌ナナメ^^;

まるで 子供のように 思ったことを すぐ口に出してしまうようです・・・嬉しい事も 嫌な事も・・・

12:00 昼食  写真を撮る前に 食べ始めてます!間に合いません!原型がわかりません
もちろん 完食!

Img_0455

おなかの調子が悪いので 看護師さんと相談して 牛乳は出さないことにしました。(牛乳のせいかは 不明ですが)

ご飯を食べても ご機嫌が直りませ~ん><

食後に 車椅子でお散歩に誘ってみました^^

主人の病室は 高層階なので 隣の棟への渡り廊下は 景色がよいのです~

そこまで 連れ出して 肩もみ^^; まだ 右肩が痛いようです・・・

その後、売店へ一緒に行って 氷を購入

直後 「おなかが 痛い><」と 言うではないですか!!

私、車椅子の状態の主人を トイレへ連れて行ったことが ありません!!

もう 病棟の看護師さんに頼むしかない!と 私にはそれしか頭になく・・・

慌てて 病棟へ・・・エレベーターの中では おなか痛いぃぃと 冷や汗状態の主人

いやぁ~ギリギリ セーフ

結局、私が トイレの中まで 行きましたが・・・

思ったより 主人は 動けます!

車椅子から 立って 手すりを使えば トイレに自力で座れます

ここまで 動けるとは思わなかったので 一番近いトイレに行かず、
担当の看護師さんたちがいる階まで戻って 介助してもらわなくちゃ!!と
思い込んだわたしの行動が、主人には 大変ご不満で^^;

「こういう事は・・・離婚原因になるぞぉ~」と^^;あちゃ~

今離婚して 困るのは あなたよ~^m^

思い込みが激しい私なもので^^;勘違いや聞き違いも 多いし・・・
おまけに マイペースなもので せっかちになっている主人とは ペースを合わせるだけでも大変です~><

 
13:15 腎臓内科のA医師が 昨日の検査の結果を 知らせにきてくださいました。

検査の結果・・・ある特定のホルモンが出ている。

腎臓の血管が細いと ある特定のホルモンが出て 血圧を上昇させるそうです。

今後 腎臓の詳しい検査をすることになりました。

もし 高血圧の原因が 腎臓にあると確定した場合、手術を行うことになりそうです。

脳から見たリハビリ治療―脳卒中の麻痺を治す新しいリハビリの考え方 (ブルーバックス) Book 脳から見たリハビリ治療―脳卒中の麻痺を治す新しいリハビリの考え方 (ブルーバックス)

著者:久保田 競,宮井 一郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《入院11日目-気分一新!-》10月29日(月)晴れ

ドラえもんの水筒は 大正解!

071029_140901

主人も右手で簡単に操作できるので 気に入ってくれたようです^^
これでいつでも 好きなときに お茶が飲めます♪

ストレス 1つ解消~^0^/

----------

《入院11日目-気分一新!-》10月29日(月)晴れ

今日は、会社の方が 主人の様子をみがてら 仕事の引継ぎに必要なことを 
主人から引き出すため いらっしゃいました・・・・・

仕事の話 できるのかしら・・・と 少々不安でしたが

ぜんぜん大丈夫!またまた マシンガントーク爆裂!すごい勢いで 話はじめました^^;(別人~)

聞かれたことにも 的確に答えられるようで 何とか 引継ぎは できたようです。

主人ったら いつもの 【3倍の仕事】を抱えていたようで 数名の方が 受け持ってくださっているようです

そりゃ 仕事しすぎで 倒れるよぉ~~~!

仕事以外の話でも 盛り上がってきたので 私は席を外すことに・・・

すると 婦長さんから 「ちょっと ご相談が・・・」と 私を呼ぶではないですか!?
な・な・何???(不安~^^;)

どうやら 個室がやっと 空いたようです^^
婦長さんの後をついていくと・・・
高層階の なんと夜景の綺麗な 角部屋 (マンションだったら いい部屋だぁ~♪)

しかし ここで 【ご相談】の内容が・・・

ナースステーションから 一番遠い!
もうひとつ、主人の生活リズムが 昼夜大逆転していることで まだ夜中に この部屋では 遠すぎて一人にできないということ。
2時間ごとにしか 見回れないので 夜中におきている主人には 対応がどうしても遅れるということ。

この個室に移るためには 夜は しっかり眠って 日中に ばっちり起きている
普通のリズムに戻すこと!!(この普通のことが 今はできていません)

逆転してしまったことで 日中のリハビリを 受けられないなど マイナスな面が出ています

これは まずい!!

と いうことで、婦長さんと 相談したところ

リハビリには 3パターンの時間帯があるそうなんですが 

私がその時間の前に 主人を起こしておいて リハビリの見学&応援を することにしました^0^/

リハビリは 早ければ早いほど 効果を出します!!
今が がんばり時!

主人にも個室が空いたこと そこへ移るには 上記の条件があることを伝えると

ちょっと やる気をだしてくれました^0^/

私が 「リハビリに付き合うからね^^」というと 
日中がんばって 起きる気になってくれたようです

さて 明日は 起きているかな?

本日の夕食

食事も おかゆであることを除いて おかずは 普通になってきました。
そして 今日は 会社の方とおしゃべりもできて 個室が空いた 朗報に ご機嫌で
ほぼ 完食です。

まぁ なんてわかりやすい性格なんでしょう^^;

Img_0452

| | コメント (0) | トラックバック (0)

看護用品の代用 水分補給にドラえもん

入院すると 次からつぎへと いろいろな物が必要になります。

すぐに必要で わざわざ病院を出て ほかのお店へ探しにいく 時間と労力を考えたら

病院内の売店で 購入することにしています。

ただ、売店にある医師のおすすめ品であったとしても

現場のナースや 違う医師からすると 用途によっては ほかのものを勧められます。

リハビリ用のシューズ・・・実際には 前に滑りやすく 運動靴や上履きが最適とか・・・

テレビ用イヤホン・・・売店のもは なんと5メートルもあって 実に使いにくい^^;

などなど・・・

もうひとつ 主人にとって 時と場合によって 便利だけど 不便なもの

それは 薬のみ

食事のときなど 介助者がいる場合や すぐ手の届くところにある場合は とても便利です

ただ ずっと看護師さんが横にいるわけでもなく もちろん私も24時間主人の横にはいられません

昨晩のことです・・・・・真夜中に 主人からの電話!

「のどが渇いたよぉ~~~」

もちろん 私は 家です^^;

左手が 思うように動かない主人。

実は 構造上 棚もテーブルもテレビも ベッドの左側に すべてのものが 置いてあります。

当然 左手で ものがとれず・・・

夜中に のどが渇いたから 水分補給を!なんて 怖くてとても看護師さんには言えないらしく・・・

朝食まで 我慢したのかしら・・・

今夜もそんな電話が 来たら 切なくなります^^;

ということで いろいろ考えてみました。

*右手だけで 持てる大きさ

*飲みやすく 飲みこぼしが、無いもの

*ベッドの上においても 中身がこぼれない

*一人で できること!

そうだ!今の主人は 離乳食を食べていた赤ちゃんが 普通のものが食べられるようになった
幼児と同じ!!

そういえば 急激に大きくなる赤ちゃんみたいなんです!

何もしゃべられず 寝たきりから、 お座りができるようになり どろどろの離乳食、
そして最近は 大人と同じものが 食べられるようになり 駄々っ子の幼児!

幼児期に子供たちが使っていた 小ぶりで 飲み物が入れられて 上手に飲めるもの!
午前中 いろんなお店に探しに出かけてきました~ 発見!

♪ストローつきの水筒♪

THERMOS 真空断熱ストローボトル ドラえもん ブルー FDR-401FD BL

Kitchen THERMOS 真空断熱ストローボトル ドラえもん ブルー FDR-401FD BL

販売元:THERMOS
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これなら 片手でふたの開け閉めができて ストローだからこぼす事も無い♪
大きさも程よく小ぶりで 枕元の横においても 中身がこぼれない♪

う~~~む 完璧^m^

今日は これにお茶と氷を入れて 冷たい飲み物を持っていってあげよう!

今日から 看護師さんに気兼ねなく 好きなときに 一人で 飲めるぞ~~~^0^/

ドラえもんのカバーを外せば 恥ずかしくないわよね!と思ったら 中にもドラえもんがいました~^^;

071029_140901_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《入院10日目-ナース恐怖症-》10月28日(日)

病院内では 携帯電話は全面禁止だと 思っていたのですが・・・
そうでは ないのですね

不特定多数の患者さんが集まるスペースは メールも通話も禁止なのですが

公衆電話の前や エレベーターホールの前などは携帯での通話が可能なんですね

病室では メールはOK 個室なら 通話もOK

今まで何度も通った正面玄関に 携帯についてのお知らせが 大きく掲載されていたのに
気がつきませんでした^^;

ということで さっそく 主人の携帯を 渡したのですが・・・・・

これが 今後大変なことになりそうです・・・

----------

《入院10日目-ナース恐怖症-》10月28日(日)晴れ

血糖値 110 (AM7:40)   149 (PM18:00)

血圧 120/77 (PM14:00)   140/*** (PM18:00)

体温 36.8

やっと 血圧が 下がり始めました!!

夕方の血圧が上がっているのは・・・・・主人をおこらせちゃったからかな^^;

ジュース依存症の主人、ジュースが飲みたくて 飲みたくて・・・

夕方車椅子で 院内をお散歩していたのですが 「自販機に行け~!」「コンビ二に行け~!」と ふくれっ面で行きたい方向を指を指します

こうなると ただのダダッコです。

ここで 私が使った言葉が 気に障ったようです。

「ジュースはダメでしょ?」
「看護師さんに 聞いて いいよと言われてからにしようね」
「まだ 飲めないのよ」

この【否定文】が 主人の気持ちをイライラさせてしまったようです。

看護師さんにも 否定文を使われると それだけで嫌なようで・・・・・

「看護師みたいに ダメダメ言うな!」とご立腹です

冷静に考えられるときならば わかることなのですが
今は 自分が中心になっているようです。
して欲しいことをしてもらえない・・・したいことが 出来ない

治療をしているのだから してはいけないこと 今の身体ではできないこと
たくさんあります。

やはり 脳へダメージを受けた影響がでているのでしょうか?

会話が出来る状態では ありますが、 物事を順序だてて 考えられないようです

自分が言ったことも 忘れて 何度も繰り返していたり

ほんの数分前に話していたこと 私の言葉を 覚えていない・・・

主人が私に頼んだことが 出来ていないと 怒り出すなど 少々短気になっています
(主人のそばにずっと居るから 一度病院から外にでないと 出来ないことなど 理解できないようです)

これは 単に入院によるストレスなのか 脳に影響が出ているせいなのか・・・・・
自分の【感情】をうまく コントロールできないのでは?と 感じてしまいます。

もう少し 時間がたたないと わかりませんが だんだんひどくなっています

夜中に 主人 看護師さんに迷惑をかけているのでしょうか?
↓拘束するためのバンドが 主人の体の下にあるのを 発見!
どうやら 夜眠ってもらうため 睡眠薬もだされて いるようです・・・

Img_0447

そして 昨夜夜中から 明け方にかけて・・・・・私の携帯と自宅の電話が なりっぱなし!

全て主人からでした。

か細い声で 

「喉が乾いたぁ~~」
「自力で飲めないよぉ~」
「看護師さんが怖い」
「助けて~」
「家に帰りたい~」
と 気弱なことばかりかと 思いきや

「財布がどこだ!ちゃんと お金入れたか!」
本人は タクシーでの脱走をたくらんでいるようです^^;

そんなこともあり 私は 寝不足ですぅ~><

これが 毎日続く可能性が 大!

携帯を渡して 良かったのかしら・・・・

そんな中でも 今日は会社の後輩が お見舞いに来てくださり

1時間ほど マシンガントークした主人!言いたいことを 全部言い終えて 

後輩が帰ったあとは 喉が渇くほど! すっかりしゃべり疲れてました。

少しは 気晴らしになったようです。

主人の事を心配してくださる会社の方 わざわざこんな病院まで 来てくださって
ありがたいことです。

主人の気晴らしにもなるし、しゃべることもリハビリになると思うので^^

本日の昼食

Img_0442

本日の夕食Img_0444

食事は 好きなものはペロリとたいらげました♪
だんだん形が普通になってきてます^0^/

残しているものは 嫌いな味だった・・・ただそれだけのようです^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《入院9日目-不満爆発寸前!?-》10月27日(土)

主人の入院のストレスが 爆発寸前になっています!

看護師さんに虐待されているとか・・・・・(本当は もちろん違いますよ。ただ、入院してから 排便をしていなかったので 浣腸してもらったようなのですが、ナースの人数が少ないようで 15分もナースステーションで我慢させられたと・・・本人談。実際は 何分だったのかは わかりません^^;)

それから 幽霊が 見えるとか・・・・・(しかも 3人。この部屋で無念の死を遂げたおじいさん2人と 主人の足元で ご飯を食べるおばあさん^^;)

早くここから 出たい!脱走するから 財布にお金を22000円入れておいてくれぇぇぇと 騒いでいます^^;(何故?22000円なのか 不明です)

大好きなジュースを 飲ませてもらえないストレスもあり(紅茶も禁止になったので・・・)

まるで 愛煙家が 禁煙するときのような  ジュースに対して 禁断症状が出始めています^^;とほほ

-----

《入院9日目-不満爆発寸前!?-》10月27日(土)

16:30 

リハビリ用の靴と 首筋と右肩が痛いというので 低反発枕を購入していたら 病院到着が遅くなりました。

大荷物を抱えて ナースステーションを横切り いつものように 病室に行くと

あら?主人がいません!

どうやら 夕方眠らないようにと ナースステーションに 居たようです

後から聞くと おトイレのこともあったようですが・・・

せっかく車椅子に乗っているので 病院の玄関に出て 外の空気をすって 気分転換♪と
思っていたのですが・・・
外に出るなり 私の携帯で 仕事関係に片っ端から 電話をし始めました@0@/

おいおい~^^;

電話が終わったと思ったら 今度は 不満を一気に 話し始めました~~

ここからは 今の精神状態の主人の 独り言だと思ってください。
誤解を招く表現があるかもしれませんが あくまでも主人が感じたことを 口走っております。普段 温厚な主人とは もう 別人!です^^;

*ウンチを出すため浣腸されて 15分放置された~(ほんとに15分我慢したなら よくがんばったね~^^;)

*昨晩右手が うっ血したのに 勝手に自分で治せ!と 放置された~(←要するに 横向きに寝て 腕がしびれたということ?)

*夜中に 足元でおばあさんが食事をずっとしているのを 見た。(急に 幽霊が見え始めた主人です・・・あまり こういうことばかりいうと 精神科の診察と お薬をだされてしまうそうです・・・)

*数日前から 目の痛みを訴え・・・最近は 目に異物があるような ゴロゴロ感があっようで 看護師さんに眼科の診察を希望しているのですが なかなか叶わず・・・
今日は 右目に黒い小さな物体が飛んでると いうではありませんか~
もしかして 飛蚊症?それとも 右目裏あたりに出血したせい?

*今日も 私から 眼科の受診をお願いしましたが なかなか 聞き入れてもらえません。何故?(身体に異変があると すぐに病院へ行く主人には それが耐えられないようです)

*病気とは関係ありませんが 主人の病室のTV 壊れてます!^^;
ベッドの中でも簡単操作できるはずのリモコンが 故障中
何日も前から 毎日看護師さんに 言ってはいるのですが・・・毎日違う看護師さんで
なかなか 「明日修理しますね」「伝えておきます」とは 言われるのですが 進展なしです^^;

* 市販の紅茶(無糖・低糖)を 少しなら飲んでもいいと言われて 飲んでいたら
えらい勢いで 別の看護師さんに怒られたようです。こちらは 確認してから飲んだのに
ダメ患者扱いされたのが 傷ついたようです・・・(看護日誌をつけていたおかげで 無実が証明されましたけど・・・複雑)

ほかにも たぶん いろいろ 看護師さんに 訴えてはいるのでしょうね
ことごとく 【否定文】で返されるため

「だれも 僕の言うことを聞いてくれない・・・」と 半分怒り!半分悲しみ!を私にぶつけてきます

これまで 好きなことを好きなようにしてきた主人
食生活も 好きなものを好きなだけ 摂取してきた事が 
今回の病気に つながっているというのに・・・・・

やり場の無い主人の気持ちを どうやって受け止めてあげればいいのだろうと 考えています・・・

本日の夕食

Img_0437

まぁ とにかく 一日中ご機嫌ナナメの主人 
気分も悪いとなれば 体中の調子も悪くなるもので
帰る前に体中マッサージしてきました。
私が マッサージしても 気休めにしかならないでしょうけど・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

各種手続き

主人が倒れた翌日から 問い合わせや各種手続きをし始めました

二、三日前から 次々と封書が届き始めました

*保険会社から 【保険金請求書】ほか

*つい先ほど 主人の会社から 【限度額適用認定証】も届きました。

*主人の仕事柄必要で 持っている”ある資格”の【講習会受講通知】
有効期限が近づくと 講習会を受講しなくてはなりません 
そのお知らせが 届きました。
電話で確認したところ 5ヵ月後の講習会を受講できれば 大丈夫で 今回のお知らせは 破棄してもよいとの事

(今の状態で この講習のことを知らせると 変に主人が仕事のことで焦るのではないかと ちょっと不安です。
今は この封筒の存在は 知らせないで申し込み期限ギリギリまで 様子を見ようと思います。)

*【ハロウィーンの衣装】・・・主人の病気とは関係ないですが 子供の英語教室のイベント用に購入。
 倒れる前に 夫婦で探しに出かけましたが サイズが無く 購入していなかったため、主人もベッドの上で とても気にしていたので、これで一安心。

次男君も 早速試着して 大喜びでした♪写真を撮ったので主人に見せようと思います^^

今日は 病院へ行く前に 図書館で 病気のことと リハビリについての本を探しに行こうと思っていたのですが、 予定変更!
もうすぐ月末!週末ですし 午前中に 病院窓口で【限度額適用認定証】の手続きに 行かなくちゃ~><
これがあると かなり出費が抑えられるようです。ありがたや~ありがたや~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《入院8日目-リハビリ初日-》10月26日(金)

雨の日の運転は 疲れます・・・
 あまりに疲れて 帰宅後 すぐに寝てしまいました^^;

今日から 主人のリハビリが始まりました!
主人に聞いたところ 運動ではなく 初日の今日は 言語機能のチェックや質問が 多かったそうです

-----
《入院8日目-リハビリ初日-》10月26日(金) 雨

15:40 病院に到着

今日から リハビリが始まるということで (15:30くらいからと聞いていたので)

急いで病室へ行ったのですが・・・すでに ベッドの上は 空っぽ

入れ違いになったのかな?と思っていたら

1時間も前に リハビリルームへ 行ったそうです^^;

急いで 駆けつけると・・・ちょうど 終わったところでした。

車椅子の主人を受け取り、病室へ戻りました。

このまま起きていた方が良いとの事(いつも昼間に寝て 夜中に起きてしまうので 看護師さに 怒られてます^^;)で、しばらく 車椅子に座ったままになりました。

今日は お風呂タイムがあり 綺麗さっぱり。
でも お髭が 伸び放題!
せっかく 座っているので 髭を剃ることに。
リハビリで 疲れたそうで・・・私が シェイバーで 剃り剃り♪

これまで ず~っとベッドの上から出られない状態だったので シャンプーは

水を使わなくてもいいドライシャンプーを使っていたのですが 今日は 病院の物をお借りしたようです。

”シャンプー、リンス、石鹸を買ってきてください”と
病室のTVに 大きなメモが ピタッと 貼り付けてありました
(あれなら 家族が絶対気がつく^^;)

頭が痛い~とまだ 訴えていたので シャンプーのとき 大丈夫だったのかしら?

16:00 美人のリハビリの先生登場

せっかく リハビリの先生がいらしたのに 眠ろうとしてます・・・
というか もう いびきが 聞こえ始めました・・・ZZZ・・・ZZZ・・・

続いて 男性のリハビリの先生も様子を見にいらしたのですが 寝ている主人をみて
無理に起こさず そのままにして 明日診ましょうということで 帰ってしまいました~><

夕食の時間まで すっかり暇になってしまったので 病院から一番近いドラッグストアにお買い物へ。

今まで気がつかなかったのですが 介護用品のコーナーが あるんですね~
食事エプロンや 前開きの肌着もいくつか購入して 病室へ戻りました。

ちょうど 夕食前。

やはり 今日も血圧測定や 血糖値の測定はありません。
毎朝一日一回の測定になったようですね。

いやぁ^^;参ったのが 主人が目覚めていたこと・・・

私が そばに居なかったので ご立腹!

出かけた後 すぐに目が覚めてしまったようです^^;

本日の夕食

昨日から またレベルアップしました!ずいぶん歯ごたえのある食事になってきました。
・・・が、この微妙な大きさが 主人には恐怖のようです。
飲み込むときに うまく噛み砕けて居ない場合 気管の方に間違って入ってしまったら・・・
気管支炎や肺炎になるのでは?と 食べることが 不安のようです。
デザート以外は ほとんど食べませんでした

Img_0435

食事中に 「美味しい?」「どんな味?」とか 話しかけながら 食べ物に意識をさせながらの食事です。
少々会話もしますが、冬休みに計画していた ディズニー旅行 気にしています・・・
とても 行ける状態では ないのだけど・・・

本人は 2週間で退院したいと ごねてます^^;

食後に少々 紅茶を飲み
薬を飲んで ベッドに横になる・・・・・あっ!また 歯磨きできなかったぁ><

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《入院7日目-食欲回復-》10月25日(木)

主人が倒れて 1週間になろうとしています。

救急車で運ばれてから ここまで 本当にあっという間でした。

お蔭様で少しずつですが 主人も回復しています。

無我夢中だったこれまでとは違って ちょっとここで 落ち着いて

長期戦!と 思って ペースを整えていこうと思います。

休める時には 休む! 頼れるところには 頼って!

主人が 元気に家に帰ってくるまで がんばるぞー!おー!(←気合だけは まだあります^^)

-----

《入院7日目-食欲回復-》10月25日(木)晴れのち曇り

血圧 161/107

あれ?今日は 夕食まえの 血糖値測定と 体温測定がありませんでした・・・ 
あれれ?それもあり?

点滴 ビーフリード500ml(5秒間に4滴) 1日1回 医師の指示通り (22時終了予定)
   17:45 グリセオール200ml(5秒間に7滴) 追加 19:40ごろ終了 

16:30
今日は 主人担当のリハビリチームの先生方が いらっしゃいました~♪
(余談ですが・・・何故か こちらのリハビリの先生方 美男美女揃い!美人の先生の言うことは素直に聞いています!主人も張り合いがあることでしょう・・・^m^)

ベッドから 自力で座り その後 先生に介助してもらいながら 車椅子にすわりました。
車椅子に座ると 少し顔つきも シャキッとするようです。

そして 座ったままで 口の動きのチェックが始まりました。

*口をすぼめたり、「いぃぃ~」と横に唇を動かす。(左側がやや動きが悪い)

*「あ~」「か~」と 声に出して発音 (これは 出来ていました)

*10秒間口をあけられるかチェック (今日は 2秒)

などなど・・・

気になったのが 舌の両サイドにずらりと歯型が残っていたこと・・・大丈夫かしら・・・

そんなこんなで15分ほどすると

担当医 脳外科のN先生が 登場!(救急車で運ばれた際、病状の説明で お会いしたきりの先生! すっかり 顔も忘れそうになってました)

主人の様子をみて 明日から 車椅子でリハビリステーションへ移動&リハビリ開始の 判断を下されました。

いよいよ 本格的に リハビリ開始です!!

ついでに 肩のコリもほぐしてくれるそうです^^

口の動きチェック!がやや早く終わり リハビリチームが揃うまで 時間があったため・・・

なんと!主人のお願いを聞いてくださった 親切なイケメンの先生・・・

主人の肩を もみもみ ほぐしてくださいました・・・

そんな光景をみて 驚きましたが 昨日も やっていただいたそうで^^;申し訳ないです

数日前から 頭痛に加え 右肩と首の痛みを 訴えていたので ほぐしてくださったのですね。

看護師さんにも 肩が痛いので お願いしますと 願いしたら さらりと交されてしまったそうです(看護師さんに肩を揉んでほしいというのは・・・ちょっとね^^; )
「奥さんに揉んでもらってねぇ~」と 言われたぁ~ こんなに痛いのにぃ~と 半分 ダダッコ状態 私が来るまで 我慢してちょうだいね

でも これで 明日からは リハビリの時に ほぐしてもらえるそうなので 私も助かります。

車椅子に座り 疲れたのと 先生に肩をほぐしていただき痛みも和らぎ
ベッドに横になった途端 ZZZ・・・ZZZ・・・眠ってしまいました

私もこの隙に ちょっと休憩^^
売店へ行って 夕食用に 主人の要望の”緑茶”をGET
ついでに 私も抹茶オレのHOTで 一服です^^(休めるときに 休むわよ!)

18:05 本日の夕食

全粥 140、青菜と人参のペーストを寒天で固めたもの、メインディッシュの茶色のもの・・・味見をしたら ハンバーグの味がしました!!、かき玉スープ、デザート

Img_0428

朝食と昼食は ほぼ完食!と 聞いていたのですが 好みの味でない場合 残してしまうようです^^;

Img_0429

何だか 日に日に 献立にボリュームが出てきました!
(全部食べられなくても まだ いいですよね。配膳ワゴンに下げる前に 看護師さんに見ていただいたのですが これくらい食べられれば OKだそうです。)

リハビリの先生に今日言われた注意事項

*口の中も 左側が 麻痺(ちょうど歯医者さんで麻酔をしていただいた時と同じ状態)があるので 食事中に舌を噛まないように 気をつけてくださいとの事

*ひだり頬に食べ物のカスがたまると 虫歯の原因になるので 食後に口内確認

食後の薬が 4種類

入院して 食事時になると よく聞いていたのが

「100%ジュースが飲みたい~」だったのですが

なぜだか 「スイカジュースが飲みたい~」と 言い出しました!

私が「スイカはもシーズン終わったわよ~」と言っても 聞こえなかったのか・・・

「ジューサー買わないと作れないなぁ~」「あっ、スイカの種はちゃんと取ってよ」

なぜ?スイカジュース?

甘い飲み物がとにかく 飲みたくて飲みたくて 仕方が無いみたいです。

ほかにも 野菜ジュースが飲みたい!ゼリーが食べたい!シャーベットが食べたい!と
次から次へと 食べたいものが出てきます^^;

その中に”紅茶が飲みたい・・・フルーツテイストのやつ”と 言うではないですか

ん?紅茶(無糖)のものなら 大丈夫かな?と 看護師さんに確認

微糖のストレートティーなら がぶ飲みしなければOKをいただきました^^

これまで ジュースを口に出来なかった主人、微糖でも ものすごーく 甘い飲み物♪と
喜んでました^^

紅茶を一口飲んで 「幸せ~♪」という始末^^;

何故かついでに 「結婚して良かったぁ~♪」 ←紅茶を買ってきた 私に対しての感謝の気持ちを表してくれたようです

入院生活の中で 小さな幸せを見つけた主人でした。

さて 明日は リハビリ開始の時間に間に合うように 私も病院へ行くことにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《入院6日目-ストレス?-》10月24日(水)

用事というものは・・・重なるときは 思いっきり重なるものなのですね・・・

*午前中は次男の学校開放日!いわゆる 授業参観です
久々に ママ友に会ったので 気を許せるママ友数人に 今の現状を話すと
気分転換にお茶に誘ってくれました~
ありがとう!久々に 笑いました。

*そして 25日は 銀行が混雑するので 早めに口座に入金!これで 今月の引き落としは 大丈夫!!

*そのまま 今度は 長男の高校へ移動~
学年別懇談会に出席です。進級進学についてや修学旅行の説明会などなど。主人の事もあり 個別に担任の先生と お話をさせていただき・・・

学校を出たのが もう暗くなる寸前の夕方!!

*急いで帰宅して 次男をトワイライトスクールから 帰宅させ 子供達を乗せ 主人の実家へGO!

*結局 病院へ着いたのは 18:00前。。。。。

夕食の時間には 何とか間に合いましたが 本日の血圧や 体温や血糖値などなどには 間に合いませんでした^^;

本日は データー無しです。

朝から 夜まで まるっと一日 用事をこなすだけで くたくたぁ~

気がついたら 居間のコタツで 着替える途中で寝てました^^;
25日の朝の4:00前に 起きちゃいましたよぉ~

そんな時間に洗濯と 食器洗い 家事をこなして コーヒーで一息。

久々に 疲れましたぁ~

-----
《入院6日目-ストレス?-》10月24日(水)晴れ

上記のとおり 私が病院に着いたのは 夕食の直前でした。

少しずつ回復してきた主人、いろいろ考える余裕も出てきたようです

が!そろそろ 入院生活のストレスを感じ始めているようです。

私が ちょうど長男の高校の説明会会場に入ったころ

携帯に 病院から電話が入ったのです!!

もう びっくり@0@

”主人に何か あったのかしら?????”

話を聞くと・・・

私が 何時に病院に来るのか 確認してくれぇ~~~と 看護師さんに お願いしていたようです
も~う、看護師さんに申し訳ない

思うように 身体が動かないので 私が居ないと 不自由で 
看護師さんに 些細な雑用を頻繁に お願いするわけにもいかないため
私が病室に行くまで いろいろ我慢は しているようです^^;

今日も主人から 出た言葉は

「明日は 何時に来る?」「午前中に来て」「早く来て」でした

それと まだ自分の状態が 把握できていないようで

「明後日 退院できるかなぁ」「看護師さんにお礼のお菓子用意しておいて」でした。

仕事の心配もし始めていて

「この身体で 電車通勤は疲れるなぁ」などなど

あえて否定はぜず

「そうだね 早く退院したいね」「でもまだ 頭が痛いと退院できないね」「しつかり治して退院しようね」と いうと それ以上は 何も言わなくなります

ここ数日 こんな同じようなやりとりが 繰り返されています。

ベッドの上に一人でいると いろいろ考えてしまうのでしょうが

どうか そんなに あせらずに まずは身体を治すこと
そして 今回どうして 倒れたのかを 考えて欲しいですが・・・まだ 無理かなぁ

本日の夕食

はんぺん3切れ和風あんかけ(しょうゆ味)、とろろ風の小鉢、にんじんペースト?、デザートにバナナのカスタードクリーム和え、おかゆ

かなり ボリュームがでてきました!

今回は デジカメを忘れたため 画像無し

相変わらず デザートをぺろりとたいらげ、はんぺんを一切れの80%ほど食べ おかゆを少々、にんじんペーストを半分ほど 食べて終了

食事のために 自力でベッドの上に座ることが可能
ただ 食べ終わると かなり疲労をするようで 薬が来るのを待てないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《入院5日目-頭痛-》10月23日(火)

今日は 昨日より ちょっとだけ 主人が元気になったような気がしました。

昨日より 目に力があったこと!
昨日より しっかりと食事を取っていたこと!
昨日より たくさん主人と話が出来たこと!

ほんの少しだけど 昨日とは 違う主人でした^^

-----

《看護日記-頭痛-》10月23日(火)晴れ

今日は 次男の授業が6時間だったため 帰宅を待ってから 病院へ。 到着がいつもより1時間は遅くなってしまいました。
昨夜 帰る際に ”伝言ノート”に 「明日は 3時に来るからね♪」なんて 書いてしまったので 主人は ちょっとがっかりしてました^^;

その代わり 「明日は 朝8時に来て~」と ちょっとわがままを 言っちゃってます^m^

理由はそれだけではなく どうやら 看護師さんにも 少々怒られてしまったようです^^;

「今日は 看護師さんに いろんなところが痛いから 専門の先生に診て欲しいと伝えたら 怒られちゃったよぉ^^;」って 私に話してきました。

右手の甲に点滴の針を刺しているのですが それが痛いのと 少し腕が痺れるようで 何度も 「痛いよぉ~」と 看護師さんに 訴えていたようです。
(夕方のバイタルチェックの時に点滴の針の部分を確認してもらいました。)

それから 鼻の奥が痛くなっているようで それも「痛いよぉ~」と訴えていたら、忙しい看護師さんに 怒られちゃったみたいです。

こんな内容だけど 昨日より はっきりと私と目を合わせて 会話になっていました。
(これは 進歩!うれしい!)やっぱり お互いの顔を見て 話をしたいですからね。

17:00ごろ
さて 私が病室に到着してすぐに リハビリの先生がいらっしゃいました。

このとき主人はまだ眠ったまま・・・
寝てはいましたが 手足の動きチェックや 関節をほぐしたり 足首の筋肉をやわらかくなるようにしていただきました。

その後、医師より説明がありました。

*今日から 車椅子の許可がでたこと (午前中にさっそく 一般病棟の中を車椅子で移動したようです とりあえずの目標は 1階のリハビリステーションまで 車椅子で移動できるようになること だそうです)

*昼食の時間帯のときが 一番目覚めているようだということ
食事も自分でしっかり食べていたようです。
残念ながら お茶か何かを溢したようで 上下のパジャマが違っていましたが、あえてそれには 触れず・・・・・たくさん食べられて よかったねと 声をかけました。

どうしても 失敗は当たり前! 本人が めげずに たくさん失敗しても がんばって一人でも食事が出来るように 長い目で 見守りたいと思います。
 
(リハビリも 昼食後の目覚めた状態でする予定、その時により 臨機応変に対応するそうです。)

もうひとつ 今後に影響を残すであろう症状について

*右脳の出血患者によくみられる症状として 視野(空間認識)の問題があるそうです
視力が落ちるのとは違い 左側の空間を認識することが 困難になるそうです

実際 その説明を聞いて 昨日の晩ご飯に その症状が はっきりと出ていたことに気がつきました。

トレーに乗せられて 食事が運ばれてきましたが、左側にあった おかゆや おかずにまったく手をつけておらず・・・右側の食器にあったデザートだけ食べていました。

そのほかに食べていたものも よく見ると 全て右側から崩すように食べていました。
右利きだからというのもありますが、左側半分は 崩されることもなく きれいだったのです。

左側にあるものに気がつかないのだそうです。

【今日から、私が主人のために出来ること】

*意識して左側を 認識してもらえるように 左側から 話かける

(大事な話は 左から。重要でなければ 右から) 

*食事も左側にある器を右側に 認識できるところに出してあげる

(もしくは 左側に ○○があるよ。と 意識させる)

*すぐに始まる リハビリに備え 麻痺した左の手足の関節と筋肉を
ほぐしておくこと

17:45ごろ
血圧 162/110 
SPO2 97 
血糖値 155(7:40)  150(11:15)

点滴 グリセオール 200ml 朝・夕 1日2回 (昨日まで 1日3回だったものが 1回分減りました)

18:00過ぎごろ

今日は 昨日とは 違い かなり食べてくれました!

おかゆ(半分食べました)、オムレツ(ケチャップつき)、青菜のプティング、白いとろろ状の小鉢(何かわかりません)、杏仁豆腐風のデザート(シロップほとんど無し)

食べ終わった画像しかありませんが オムレツをほぼたいらげました!

Img_0422

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《入院4日目-一般病棟へ-》10月22日(月)

主人が倒れてから 少しづつですが 私自身に 気持ちの余裕ができてきました。
現実を受け止めたかな・・・
今の私に出来ること 私だから出来ること 考えながら主人の看護をしていきたいと思います

午前中 携帯に病院からの電話!!

主人に何かあったのかしら?!と ちょっとビビリながら 電話に出ると・・・

今日の午後から 一般病棟に移動します。
個室をご希望でしたが 病状のことを考えてナースステーションのそばの大部屋に させてくださいとのこと・・・
安全第一!それは仕方が無いこと 主人に何かあっては困ります
 個室が空くまでの間 ちょっとだけ 我慢していただきましょう

----------

《入院4日目-一般病棟へ-》10月22日(月)晴れ

私が面会に行くと ナースステーションに近い6人部屋の窓際のベッドで 
主人は 眠っていました。

頭には アイスノンが乗せられ まだまだ 頭の痛みが 苦痛のようです。

ベッド周りには HCUから主人と一緒に移動してきた私物が無造作に置かれていました^^;
主人も眠っていることだし、荷物の整理整頓!

あれれ、スリッパがありませ~ん^^;
コップも行方不明?(コップは後から戻ってきましたけど・・・)

ごそごそしていると 担当の看護師さんがいらして ”楽呑み”なるものを購入するようにとのこと

飲み物に関しては お茶と水は 飲んでもよいと 許可が出ましたぁ~^0^/

すぐに必要かと思い病院の売店で購入しましたが・・・1個約600円しましたわよ~^^;

(看護師さんに 言われたんです・・・病院で買うと高いから 街の薬局で買ってきてね♪と・・・ここの看護師さん 親切~^^;)

昨日 頭の痛み対策に 水でぬらしたタオルをおでこに当てていましたが、
すぐに体温で暖かくなるので 氷水でタオルを絞ろうと 
水筒に氷をたっぷり入れて持参していました。

・・・・が、主人の母も 準備をしてくださり
水に濡らしたハンドタオルを おでこサイズにたたみ
ラップでくるんで 冷凍庫で 凍らせていました。
(凍らせるとは!思いつかなかった!)

そんな試行錯誤している姿をみた 看護師さんが 一言

「冷えピタが 便利ですよ~^^」

あ~~~!すっかり 忘れてましたぁ~
あんな便利なもの!(とほほ)

今日の主人は やはり眠ってばかりです。
まだまだ しっかりと目を開けて起きている事が 少ないです。

そんな状態ですが・・・

17時ごろ リハビリテーション部から作業療法士のS先生が 主人の状態を見に来ました。
ところが まだ 眠り続けており 手足の動き具合のチェック時には かなりボケボケの状態!(絶対あれは 半分寝てる状態だわぁ)

「万歳してみてください」との問いかけに 動く右手だけあげてみたり・・・
「足をまげてみてください」にも やはり動く右足は ヒョイッと 動かすのです。

昨日出来たことが 出来ていないのが とても不安でしたが・・・・・
どうやらあまりに眠くて 重い左側は 動かすのが辛かったようです

先生がその後、手足をほぐし、”私にも出来ること”を 教えていただきました。

*左の足首をゆっくり 回してあげること
*左肩の緩み防止のため バスタオルを畳んだものを二の腕のしたに敷いてあげるとようこと
*左手の握る力は強いけど 伸ばすことが困難なので 伸ばすようにしてあげるとよいこと

脳出血後の 手足のリハビリについて もっと詳しく調べたいと思います。

あれだけ 手足を動かされたのに まだ眠り続けてます・・・・

17:45ごろ

一般病棟では、監視モニターがなくなりました
定時の血圧測定、血糖値149 、体温36.8。

6人部屋のため 一人の看護師さんがこの部屋の全ての患者さんの測定を 忙しそうにしています・・・
主人の血圧は いくつですか?と ちょっと 聞きにくいなぁ^^;

血糖値と体温は 数値が出る医療機器なので そ~っと覗き見です^m^

もうすぐ 夕食なので 起こしておかないと また誤飲しては大変!
呼びかけたり 話しかけたり 足の裏を こちょこちょしてみたり♪してみましたが
今日は 駄目だぁ~><全然 起きません!

すっかり 暇になった私は TVカードを購入し 夕方のニュースでも見ることに・・・
おっと!ところが このTV・・・・電源ボタンが 故障しているようです
テレビ画面が消せませんよぉ~
ずっと 眠り続ける主人に カードを抜き差しは難しい・・・ 一晩つけっぱなしになって
あっというまに TVカードが減ってしまいますよぉ~><

18:40

夕食の時間

「ご飯だよ~。起きないと 食べられないよ~。」耳元で伝えると なんとなく顔を縦に動かしました。
「綺麗な先生が来てくれたよ~。先生が 食事の様子を見たいって言ってますよぉ~。」
と耳元で 伝えると・・・・・パッチリ!目を開けるじゃないですかぁ~(何でやねん!)

食事担当の作業療法士さん(美人!)の立会い指導のもと 主人の食事が始まりました。

久々の食事だったこともあり おなかは空いているのだけど あまり食べられないようでした。

夕食:おかゆ、大根の煮物、豆腐の味噌タレかけ、にんじんゼリー(?)

食事中だけ 会話が出来ました。

主人「僕がんばってるよね。あさってくらいには 退院できるかなぁ。」

私「うんうん^^がんばってるね。でも まだ 頭が痛いよね?痛みがなくなるまで しっかり治そうね」

主人「うん」

まだ、自分の状態が把握できていないようです・・・

お願いだから ゆっくりと休んでください

しっかり 治しましょう!

------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《入院3日目-絶食-》10月21日(日)晴れ

入院中の主人は とても素直です・・・
頭の痛みもですが ベッドに寝続けるのも 腰や体中が痛くなるようで
辛さからでしょうか ”痛い”はもちろん ”助けて” という言葉も・・・
私の顔を見て 蚊の鳴くような声で 一番に言った言葉が ”心細いから そばにいてくれ””明日も早く来て”でした・・・

風邪で ちょっと高熱が出ただけでも ”死ぬ~~~!”と大騒ぎしていた主人
今回は 本当に 心も身体も弱ってしまっているようです

今日は 一番よく聞いた言葉は ”ひもじい~””おなか空きすぎて 気持ち悪い~”でしたけどね
昨日の夕食で 食事を喉に詰まらせたため、今日の食事と水分は 全て無し!となっていました・・・今頃 腹ペコで眠れないでいるかもしれません

-----
《入院3日目-絶食-》10月21日(日)晴れ

今日は 休日。休日の面会は 午前中からOKなので 昼食の時間に間に合うように 病院へ。
ところが 昨日の喉詰まらせ事件のため 食事はお預けに!

すでに腹ペコの主人が ベッドの上で待っておりました。

11:30時点

HR 67
NBP 157/104(141)
SPO2 99
RESP 20

点滴 ビーフリード 500ml 1日1回

-----

今日は 右肩が痛いと訴える・・・・・肩をもむことで 少しは改善
食事は中止・・・・・うがいのみ
朝 血圧を下げる薬 1個服用

昼食の時間の前に測る血糖値 180

昼食が食べられないため うがいで 紛らせる
ついでなので 私も主人と一緒に 昼食抜き
”私も お昼一緒に抜くから がんばろうね”と 声をかけてみたものの 効果はあったかどうか・・・
ほかの患者さん達の食事が終わるまで 主人の気がまぎれればと 身体をマッサージ 

その後、髭剃りと歯磨き(使える右手のみで自力で)
髪の毛は 水を使わないシャンプーで きれいに

おなかが空いていても、頭が痛くても、うとうとと眠ってしまう主人
昼間に起きるようにしないと 夜中に眠れなくなると 看護師さんに言われ
話しかけたり してみましたが だめでした

仕方なく 14:00~15:00まで お昼ねタイムということで 私も一度駐車場の車に戻り
しばし仮眠。

HCUにもどると

点滴(グリセオール 200ml)が追加されていました。
主人は・・・まだ 眠ってました。

夕方になるにつれ 頭の痛みが増すようで、水にぬらしたタオルを目の上に乗せて対応。
おでこ用のアイスノンでは 重すぎて 額に乗せられないと。

まだまだ 倒れてから日にちが経っていないので ちょっとした 重さ、刺激に敏感になっているようです。

歯磨きも ひげそりも 頭に響いて とても辛いようでした。が!
リハビリも兼ねているので 我慢してしてくれているようです。

18:00時点

HR 58
NBP 166/109(128)
SPO2 98
RESP 24

血糖値 172
体温 37.3度 (アイスノンを使用)

グリセオールの点滴が終了
ソリターT3号G 500ml追加

夕食の時刻・・・主人は無いので 少しでも気がまぎれるように・・・身体の痛いところをマッサージ(首、肩、背中、腰など)

血圧の薬を1個服用(お水で飲みましたが 薬を飲むのに必要な分量のみ 麻痺していない身側に水を含んで うまく飲めました)

頭の痛みが 激しくなったため 主人自身が 鎮痛剤を希望

しかし 今の段階では使用できないと説明を受けました。

鎮痛剤を使うことで 血圧が急に下がることがあるので 危険
痛みがあっても 眠ることができているので 使用しないほうがよい
副作用が出た場合 どの薬で出たのか特定するのが困難になるので 今は使用を避けたいと・・・

これを聞いて 主人も納得してくれたかな?
とりあえず 水にぬらしたタオルで 冷やすことで対応です。

今日は 面会時間ギリギリまで 居座ってきました。
主人が眠ったところを見計らって そっと病院を後にしました。
「帰るねー」と 声をかけて起こしてしまうのも 何だか可愛そうだから・・・

明日の午後3時からしか 面会できないので それまでがんばってもらうため

”看護ノート”とは 別に ”伝言ノート”を作りました。

眠ってしまった主人に ”帰るね~また明日来るね!”と言えない代わりに

ノートに伝言です

”明日は ○○時に 来ます!○○もってくるね!”てな感じに

今日は 【明日 ごはんが食べられるといいね♪】と 書き残してきました。

今日一日空腹に耐えた主人!明日は 食事が取れますように・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《入院2日目》10月20日(土)晴れ

《入院2日目》10月20日(土)晴れ

今日から 病室で”看護ノート”を書くことにしました。

用語や薬についてはまだよくわかりませんが 時間のあるとき調べておこうと思います

15:30ごろモニター記録

HR 65
NBP 142/90(109)
RESP 20 
SPO2 96

点滴
ビーフリード 500ml
グリセオール 200ml (1日3回 時間指定)

--------

看護師さんから少しお話を伺い

今日から 食事が開始されたそうです

今朝は 少し吐き気があったため 朝食は無し

昼食は 主人からメニューを聞き出したところ・・・おかゆ・コーンスープ・肉じゃが風の味付けのサトイモの煮物?だったそうです

看護師さんに聞くと ほぼ完食! でも うとうとと眠った状態で食事をしていたので かなりむせながら食事を済ませたようです。
主人に聞くと 「量が足らない・・・」と言っていました(食欲はあるようです^^)

今日は 様子が昨日とは違い目を開けてくれません!
眠いのか・・・脳の出血のせいなのか・・・
はっきりと目を開けて ”起きている”ということがありませんでした。

食事の状態を知りたくて 夕食時までいることにしたのですが 
看護師さんから 「ご主人の目を覚ましておいてください」「のどに詰まらせたり、気管や肺に入ると炎症を起こして危険ですから」と

一生懸命話しかけたりしましたが とにかく眠り続ける主人

それでも おなかは空いているようで 夕食時は 多少うとうとしながら食べ始めました

半分くらい 食べたころでしょうか・・・

サトイモのマッシュ?を スプーンで口に入れたと思ったら

突然 主人がを閉じて 動かなくなりました!!!!!

食べながら寝てしまったの?と思ったのですが 様子がおかしい

話しかけても 反応がない!!

そんな様子に気がついて ナースステーションから看護師さんが様子を見にきてくれたのですが やはり 何かが起きていたようです

あっという間に回りにスタッフが集まり 主人の背中を強くたたいたり 呼びかけたり
聴診器を当て始めました

そうです・・・・

食事をのどに詰まらせて 意識が無くなっていたのです・・・・・

モニターを見るとSPO2が 96あったものが 70代まで 下がっていました 

脳出血の場合、食事や飲み物が 気管支や肺に入って 肺炎などで亡くなる方も多く
気をつけていかないといけないと そのとき 聞いて ぞっとしました

早く対処していただいたので なんとか喉のつまりは解消されたようですが
左胸に雑音が聞こえるとのこと 誤飲してしまったようです

明日からの 食事も医師ともう一度相談してもらい 見直してもらうことになりました。

ご飯が 食べられなくなったらがっかりするだろうな・・・

こんな状況で食事が開始されましたが 嚥下の検査は 来週の月曜日にしかできないそうです。
この週末 主人の食事時間には立ち会うことにします

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《入院初日》10月19日(金)雨

《入院初日》10月19日(金)雨

昨晩用意した”やることメモ”

*保険会社に問い合わせ
*会社の保険組合に問い合わせ
*主人の会社に報告
*生活費の確保(私のへそくりの”金”を換金手続き)
*主人のかかりつけの薬局に最新の投薬情報をFAXしてもらえるように お願い
*入院用品の買い物
*入院書類 親族に依頼
*ガソリン満タン!
*子供達の学校に連絡

(何か忘れていること ほかに必要なことが抜けていましたら お知らせください)

を元に 電話で問い合わせや 手続きが出来るところは済ませ

午前中に入院に必要なものを買出しにでかけました。

これから 毎日車を運転することになるので ガソリンも満タンに!(高い!)

入院に必要な書類も整え いったん自宅に戻ると 適当に食べ物を口にして

かばんに荷物を詰め込み 準備完了!

次男を早退させ 面会時間に間に合うように 雨の中 必死で運転です

なぜ必死かというと・・・・

この病院 自分で運転していくこと自体が 初めて!!

こんなときに限って カーナビが使えない><

案内の地図片手に かなり道を間違いながら 到着しました。

先に 入院手続きを済ませ まだ 時間があったので 待合ロビーで ちょっと一息

ここで 今日初めて 一息ついたかな・・・

HCUに入ると 主人は 眠っていました
耳元で話かけると 目を開けてくれます

今朝 いろいろ手続きや各所に連絡をしたことを伝え
「これでいい?」と伝えると
「お前に任せるから」と主人

私の言っていることは ちゃんと理解してくれているようです
そして 話すこともできます!
会話が出来る!本当によかった・・・・ 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《高度救命救急センター到着》

家族が病気で倒れるということは ただただ オロオロしていればいいわけでもなく

普段いかに主人に甘えていたか!ということを 痛感します

一人では 何もできません・・・決められません・・・どうしたら 一番いいのかわからなくなります

それでも 私には 子供たちがいます 普段の生活も 守らなければなりません
主人も 私の前から 突然いなくなったりしてくれませんでした
 ”やらなければいけないことがある”それだけで 何とか 動いています
気合!今のところ 気合だけです。

今は少し落ち着いて インターネットで脳出血について 調べています

でも、パソコンの前にいると ちょっと悲しくなります(涙が止まらない)

倒れる二日前の夜 主人と二人で パソコンの画面を見ながら
今年の冬休みの計画をしていたから・・・

ずっと 行きたい!行きたい!と次男が要望していた

 ”ディズニーランド&ディズニーシー”
 
私たち夫婦は ”長男も高校生だし これが家族4人で行く最後の旅行になるかもしれないね”と 

ほんの数日前は こんなことになるなんて 思ってもみなかったから・・・

-----
《高度救命救急センター到着》

10/18 17:30ごろ(今となっては 時間も あまりはっきり覚えてません)

隣接する市の大学病院の 高度救命救急センターへ 到着

夕方の帰宅ラッシュの時間帯でしたが いったいどれくらいの時間がかかったのか
まったくわかりません

到着後 私は窓口へ 保険証を提示し書類に書き込み

処置室の前で待つこと数分 看護師さんにいくつか質問をされ、しばらく待つことに

その間 何かしていないと 落ち着かなくて・・・

身内から 仕事関係 たまたま当日 私にメールをくれた友人知人にも 変なメールを返していた私は お馬鹿さん・・・・・ 

どれくらい待たされたでしょう・・・

最初に診てくださった医師と 頭の画像と心臓のレントゲン画像を見ながら お話をし

”脳内出血です。中程度の出血が 脳に見られます。今後、これ以上出血が多くなるようならば、緊急に手術をします”
”からだの半分に麻痺が見られますので 倒れるまえと同じ様に動かす事は 困難になるでしょう”

医師が 何を言ってるのか もう まったくわかりません!
いえ・・・ 言っていることは 
頭の中の違う私が冷静に 受け止めています
主人は 絶対治る!
主人に限って そんなとんでもない事になるはずがない・・・
主人が死ぬはずない

頭の中で 支離滅裂・・・

再び 一人ぼっちで 処置室の前で待たされること 数十分?
続いて 脳外科のN医師が さらに詳しい説明を

この時点でまだまだ油断できない状態であること
後遺症について今後どうなるか まだわからないということ
この病院で一定期間治療の後 別の病院へ入院しながらのリハビリ治療をすること

ほかにも いろいろ説明をされましたが もう 断片的にしか覚えてません・・・

数分だけ 処置室の主人と面会しました。
意識はあるろようでしたが 目を開けていませんでした。
身体の半分は 手には力がなく 足もピーンと 伸びきって 手先も足先も冷たくなっていました。

そんな姿をみて 何も声をかけられませんでした・・・
ドラマなんかだと 「あなたーーーー!!目を開けて!!とか」叫ぶんでしょうが、
私の首を誰かが 抑えているような感覚で 声を出すことも出来ませんでした。

処置室から出る時 「突然のことで びっくりされたでしょう。大丈夫ですからね。」と
看護師さんにかけられた言葉で 今まで張り詰めていた糸が切れて 涙が止まりませんでした。

再び数十分待ち HCUへ移動

主人のベッドの横で 入院の手続きの説明
言われるままに サインをして 
明日までに提出する書類をかばんに入れ

その後は 主人の手を握って 顔をたただ眺めるだけ・・・・

倒れてから5時間・・・

看護師さんに 「あとは私たちがみますから 一度自宅に帰って休んでください。入院の準備もありますから・・・。緊急時には すぐに連絡をいれますから・・・」と
帰宅を促されて 初めて 子供たちのこと 思い出しました。

23:00過ぎに帰宅すると 次男も起きていました。
夕食も作る前で とりあえず 高校生の長男に後を任せて 飛び出したので
子供たちは 自宅で どうしていたことか・・・

とりあえず 夜中に 病院から呼び出しさえなければ きっと主人は大丈夫
とは 思いつつも やはり眠れず
自宅の子機と携帯を そばにおいて なんとなくTVをつけっぱなしにして 
明日朝から やらなくてはならないことを 箇条書きにして いつの間にか リビングで朝を迎えていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《倒れてから 病院に運ばれるまで》

《倒れてから 病院に運ばれるまで》

10/18 夕方 突然倒れた主人(43歳)

最初に発見したのは 小学3年生の次男

「ママ~ パパが変な場所で 寝てるよ」

寝てる??? 変な場所???

何だか いやな予感がして 2階に駆け上がると 主人は 寝室の出入り口で 倒れていました。

主人は 私に向かって何か 言っているのは わかったのですが・・・

顔を見た瞬間何かおかしい!!口元が半分動いていない・・・麻痺?

血の気が さーーーーっと ひきました

まだ 自分の身に何が 起こったのか理解していない主人は 起き上がろうとしていました

「起こしてくれ」「起こしてくれ」何度も何度も 

これは 動かしては いけない!と とっさに判断した私は

主人に 「絶対動かないで!!」と 言い捨てると

階段を駆け下り 119番通報しました。

119番通報 初めてです・・・

動揺して 自分の家の住所も 主人の年齢も すんなり言えない状態

主人の状態を話すと やはり 動かさないようにと 指示をされたので

慌てて主人の元へ まだ 起き上がろうとしている主人

「起きちゃダメ!救急車が来るからね!動かないで」と 耳元で言うと

理解してくれたのか 起き上がることを辞めました。

この時点で 主人は 「右目が熱い 右目が熱い 冷やしてくれ・・・」と

病院で検査をしてわかったのですが ちょうど右目の裏あたりの脳に出血をしていたのです。
この場所は 運がよかったのか 悪かったのか・・・
左の手足の運動をつかさどる部分でした。かろうじて 聞き手の右手 右足、そして 言語には 影響がありませんでした。

担架で運ばれるときも 左足はまっすぐに伸びきって 左手も力なく 下へ落ちていく

救急車の中では 聞かれれば名前をかろうじて 言える程度

病院へ着くまでの間 主人の右手を ぎゅっと力いっぱい握り締めていた 私です

今から考えると 倒れる前の主人の口癖が

「疲れが取れないなぁ・・・」
「肩が痛い・・・」
「頭が重い・・・」

ここ何ヶ月も いいえもう何年も 不規則な帰宅時間 11時や12時に帰宅することも多く

遅いことに 私も慣れてしまっていました。

もともと若いころから血圧の高かった主人

もっと主人の身体のことを考えて 食事面に もっと気をつかえなかったのだろうと

いまさら 遅いのですが 後悔ばかりです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

突然倒れた主人

10/18(木) 夕方 5時過ぎごろ 倒れていた主人 発見

救急車に乗り込み 高度救急医療の設備のある病院へ搬送

何とか 一命を取り留めるが 3日間 HCUで 治療を受けることになる・・・

病名:脳出血

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年11月 »